社)まほろば東京融合療法研究会 東西医療・療法の融合による治療

代表理事あいさつ

代表理事あいさつ

代表 中村 信也  東京家政大学教授・医師

中村信也

まほろば東京は、2012年より東京・蒲田の治療院を拠点として、融合医療の先駆けとなるべく「まほろば東京融合療法研究会」としてスタート致しました。
患者の皆様の治療にあたり、西洋医学にとどまらず、東洋医学や民間療法などもっと範囲を広げた形で、確実な効果をもたらす療法を確立していき、「まほろば式」療法として皆様に認知されるよう、発展を願ってやみません。
私たちは日々、協力し合い、新たな治療を感謝の皆様に提供していきます。

<プロフィール>
昭和22年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学医学部卒業。整形外科医師。虎ノ門病院整形外科より東京大学医学部付属病院整形外科等を経て、外務省の後厚生省へ入省。在象牙海岸共和国日本大使館一等書記官兼医務官、WHO西太平洋事務局技術移転課長、環境庁環境保健部特殊疾病審査室長、厚生省大阪検疫所長、県立静岡県環境衛生科学研究所長を歴任。日本整形外科学会、日本公衆衛生学会、東洋医学学会、栄養改善学会、日本衛生学会、日本統合医療学会、渡航者医学学会に所属、評議員等を務める。医師であると同時に、平成12年より東京家政大学家政学部栄養学科教授として教鞭をとり、「食と医療」の医療薬膳研究の第一人者として活躍中。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional